楽にマニュアル作成する方法【作成を支援してもらえるツールがある】

MENU

4億人が利用する決済制度

オフィス

インバウンド集客にも効果

中国は世界で最もモバイル決済が進んでいる国として知られており、スマートフォンを使った手軽な決済方法が常識となっています。そうしたモバイル決済の中でも特に利用者数の多いサービスは、中国版SNSのwechatが運営するwechatpayです。このモバイル決済サービスはおよそ4億人もの人が利用していると言われており、中国企業だけでなく日本企業の間でも導入例が増えています。訪日中国人観光客が売上に大きく貢献している店舗でwechatpayを導入すれば売上がアップするだけでなく、SNSを通じたインバウンド集客にも活用できるのです。日本企業がwechatpayを導入するには、中国wechatから認可された代理店を通じて申し込む必要があります。店舗でのモバイル決済に使用するタブレット端末さえ事前に用意すれば、代理店に申し込む際に登録費用なども発生しません。申込み後に事業内容と商品に関する審査が行われ、通常は申し込みから1ヶ月ほどでモバイル決済サービスを開始できるようになります。wechatpay運用時にはこのタブレット端末のアプリ上に決済金額を入力し、利用客がスマートフォンのQRコードをかざすことで決済が成立する仕組みです。そうすると中国にある購入客の銀行口座からまずwechat側に代金が引き落とされ、手数料を差し引いた額が店舗の銀行口座へと送金されます。訪日中国人観光客にとってはスピーディーで手軽な決済が日本の店舗でも利用できるため、店舗の好感度がアップするのは間違いありません。wechatpayは中国で多くの人が情報交換しているSNSとも連動しており、決済が行われると店舗のwechatアカウントをフォローする仕組みとなっています。アカウントを通じて中国人へのさまざまなマーケティング活動も可能にするwechatpayは、単なるモバイル決済サービスの枠を越えた強力な集客ツールなのです。

Copyright© 2018 楽にマニュアル作成する方法【作成を支援してもらえるツールがある】 All Rights Reserved.